納品事例:sound studio Remy(下野市)

こんにちは。本日ご紹介する納品事例は栃木県下野市「sound studio Remy」様。スタジオ内のラウンジスペースとレコーディングスタジオ内のインテリアコーディネートのご依頼をいただきました。

インテリアコーディネートサービスとは?

インテリアコーディネート資格も持つ経験豊富な当店スタッフが、お客様のご希望に合わせたインテリアプランを作成させていただきます。家具のレイアウトはもちろん、カーテン、ラグなどの選び方、カラーコーディネートなど、お客様のご要望をお伺いしながらアドバイスさせていただきます。


図面やお好きなインテリアスタイルの載った雑誌などをご持参いただくと、よりスムーズなご提案が可能でございます。

今回当店のコーディネートサービスをご利用いただき、家具のご提案をさせていただきました。まずはラウンジスペースから。

ライヴも開催できるというラウンジスペース

入口からすぐ目に入るラウンジスペースは「非日常」を表現したかったというオーナー様。カリモク60のKチェアや、無垢材やタイルを使った素材のテーブルなど、目の引くデザインのものを中心にセレクトいただきました。

写真奥のステージではライブの開催ができるステージも備えております。ライブ時には家具のレイアウトを変え、観客席になるとのこと。

vitra オールプラスティックチェアを合わせて

vitraのオールプラスティックチェアなどもラウンジスペースにお選びいただきました。デザイナーはあのジャスパーモリソン。シンプルでありながら高い機能性とデザイン性を兼ね備えた逸品。

お手入れもしやすく、カフェや商業施設などにもおススメです。目の引くカラーラインナップも豊富に取り揃えています。

レッドグリーンが目を引きます

ラウンジスペースにはバーカウンターもあり、お酒を飲みながらライブを楽しんだりすることができます。

こだわりの空間です
空間にマッチしているカリモク60

カリモク60Kチェアは、かっこよさもシンプルさもあり、どんな空間にも馴染みますね。たくさんの方が集うこの場所は、独創的で遊び心のある唯一無二の空間に仕上がりました。

続いてレコーディングスタジオにお納めした家具のご紹介です。

以前から憧れがあったというカリモク60シリーズ

レコーディングスタジオ、リハーサルスタジオ、ライヴスペースが複合している施設内のレコーディングスペースに選んでいただいたのは「カリモク60ロビーチェアモケットグリーン」

オーナー様自身、このロビーチェアには強い思い入れがあったそうで、このソファは絶対に入れたかったとの事。赤い壁とソファのグリーンがコントラストになり、オシャレな空間になっていますよね。とてもかっこいいです。

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介た音楽スタジオのように、商業施設や飲食店などのコーディネート相談も承っております。ぜひ当店まで一度ご相談くださいませ。

今回ご紹介した「sound studio Remy」様のご案内です。

栃木県下野市にある音楽スタジオsound studio Remy。

 〒329-0502 栃木県下野市下古山2888−18


http://studio-remy.com/

メインブース、コントロールルーム、ボーカルブース、アンプブース4部屋からなるレコーディングスタジオと2部屋のリハーサルスタジオとライヴスペースが複合している施設。

レコーディングでは最新の機材のデジタル機材のサウンドと、アナログ機材の温かみを組み合わせ至高の音を提供致します。リハーサルでは個人・バンド練習、ダンス、レッスンなど幅広く利用可能。

施設内に宿泊施設とシャワールームも完備しているので泊まり込みのレコーディング、リハーサル合宿にも対応しています。


The following two tabs change content below.
オクザワ

オクザワ

好きなもの:映画鑑賞・旅行・カフェ・中国茶・スニッカーズ

当店では【オンライン接客】を行っています

*インテリアコーディネーター資格保有者在籍店舗です
*一般住宅のほか、カフェ・店舗などの商業施設のコーディネート承ります
*オフィス空間のご提案、ワークチェアの法人お見積りご依頼ください
過去の納品事例はこちらから

vanilla utsunomiya

〒320-0041栃木県宇都宮市松原2丁目7-18 地図
TEL:028-680-4727
FAX:028-680-4728
MAIL:shop-vu@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00 (17:00以降はご予約制)
【CLOSE】火・水曜 店舗情報

facebook:vanillautsunomiya
instagram:vanillautsunomiya

新型コロナ(COVID-19)についての取り組みについては【こちら】から