カリモクニュースタンダード[KNS]カラーウッドローテーブルのあれこれ

KNSカラーウッドローテーブル

こんにちは、コヅカです。
今回はブログではあまり紹介していなかった、カリモクニュースタンダード「KNS」のカラーウッドローテーブルについてご説明していきます。

カリモクニュースタンダード[KNS]って?

カリモクニュースタンダード[KNS]は英語でKarimoku New Standard なので頭文字をとって[KNS]と表記しています。

arimoku
ew
tandard

今回のブログでもKNSと表記していきたいと思います。
KNSは日本有数の木製家具メーカー「カリモク家具」が2009年にスタートさせたブランドで、国内外から選ばれた新しい視点をもつデザイナーたちがブランド名の通り「日本の家具デザインの新たなスタンダード」をめざしたブランドです。木製家具を作り続けてきたカリモクの技術と知識を活かし高いクオリティーと個性あふれるデザイナーたちが手を組み素材にこだわった家具を造っています。また、KNSは海外の家具の展示会にも出店している世界で活躍しているブランドなんです。

薄い天板

カラーウッドローテーブル

カラーウッドテーブルはオランダ生まれのステファン・ショルテン&キャロル・バーイングスの2人によってデザインされたテーブルです。実はこのテーブル個人的に私も欲しいテーブルなんです。見て分かる通り特徴的な多角形の天板と樽のような脚をしています。天板の厚みが薄く軽い印象ながら樽のような太い脚の組合せがアンバランスのようでかっこいいデザインです。
もう一つの特徴はグラフィカルなプリントに鮮やかなカラーリングです。天板には木目が透けて見えるように材料を活かす塗装しています。

では、カラーウッドテーブルについて詳しく説明していきます。

素材

KNSは森林保全や林業地域の活性化など日本の森が抱える問題に対し木製家具メーカーとしてできることは何か?と考えて製品造りしています。あまり有効利用されてこなかった国内の広葉樹(クリ、カエデ、ナラなど)を積極的に採用することでサスティナブルな活動を行っています。
今回紹介しているカラーウッドローテーブルは「クリ材」を使用しています。クリ材の木目は粗く重硬で硬い木材です。水湿に強く丈夫な木材なので建築に使うと丈夫な家になると言われているほどです。もちろんテーブルにも最適な木材です。

金具の見えない構造

構造

ベース部分には日本古来の技法「雇い実継ぎ(やといさねつぎ)」を応用しています。日本で昔から使用されている継ぎは釘やネジ、ビスなどの金具を使用せず表面を美しく見せる技法で表面だけではなく見えない部分もキレイに仕上げる事ができます。カラーウッドテーブルの脚部分は台形にカットされたパーツを継ぎの技法で樽のような形状につなぎ合わせる構造です。天板と脚の接合部分も外から見ると金具を使用せず接合しているので、どこから見てもキレイなフォルムに仕上がっています。脚部分の中心は空洞なので中に重りを入れて転倒防止をしています。特殊なデザインと構造ながらシンプルで美しい仕上がりがKNSならではの新しい家具になっていますね。

 

透ける木目

カラー・プリント

カラーウッドテーブルという名前を付けるだけあって写真のように鮮やかでキレイなカラーリングやプリントが特徴的です。ローテーブルは全6種類のバリエーションがあり「プレーン」「カラーグリット」「ピンク」「ダークグリット」「プレーングリット」「グリーングリット」があります。ダイニングテーブルと比べると少し明るいプリントや天板全面に色つけるようなプリントなどが施されアクセントにもオススメなテーブルとなっています。濃い色の部分と薄い色の部分がありますが、どちらも木目が透けて木材の良さを活かしつつ名前のカラーウッドをよく表現しています。また、カラーによって脚部分に蛍光色のリボンで縦や横にワンポイントカラーが入っているのが目を引くデザインになっていますね。「プレーン」は木地にほんのり白い塗装をしています。天板がとてもきれいでなめらかなのでいつまでも触っていたくなるようなテーブルです。

かわいいプリント見本

カラーウッドテーブルはダイニングテーブルもありこちらは「プレーン」「ドット」「グリット」の全3種類です。ローテーブルに比べるとシンプルなカラーとデザインになっていて、いろいろなチェアに合わせやすくなっています。

プレーンのローテーブル

バリエーション

カラーウッドテーブルのバリエーションは今回ご紹介している「ローテーブル」と「ダイニングテーブル」があります。ローテーブルは幅高さ違いで全4種類です。リビングテーブルやサイドテーブルとして、シルエットがとてもキレイなので飾り棚としても使用できます。
ダイニングテーブルは幅95cmと幅120cmがあり、高さが74cmです。日本で販売されているダイニングテーブルは基本的に高さ70cm~72cmなので少し高めのサイズになっています。

https://nonversus.jp/shopvulog2020/08/20_7957

 

展示中のローテーブル

コーディネート

ローテーブルはとてもユニークなプリントやアクセントカラーを採用しているのでお部屋の主役になるテーブルです。もちろんプレーンタイプもあるのでシンプルなコーディネートも楽しめます。また、写真のように高さの違うテーブルを合わせることで空間に動きが生まれ個性的な空間演出ができます。人が集まる時は離して置いてみたりと時と場合によって置く場所を変えてみてもいいですね。

サイドテーブルとして使用

vanilla宇都宮ではKNSのキャストールも展示中です。

ダイニングテーブルは通常のテーブルに比べ高さが少し高めなのでダイニングチェアを選ぶ際には注意が必要です。

カラーウッドダイニングテーブル

まとめ

個人的にとても好きなデザインのひとつです。なかなか無いデザインなので人よりちょっと差をつけたい方や個性的なデザインが好きな方には特にオススメです。デザインは個性的ですがプレーンタイプはシンプルでインテリアに馴染むようになっています。

コーディネートのご相談などお気軽にお問合せ下さい。

The following two tabs change content below.
コヅカ

コヅカ

好きなもの:スイーツ、キャンプ、食べ歩き、建築を見る

当店では【オンライン接客】を行っています

*インテリアコーディネーター資格保有者在籍店舗です
*一般住宅のほか、カフェ・店舗などの商業施設のコーディネート承ります
*オフィス空間のご提案、ワークチェアの法人お見積りご依頼ください
過去の納品事例はこちらから

vanilla utsunomiya

〒320-0041栃木県宇都宮市松原2丁目7-18 地図
TEL:028-680-4727
FAX:028-680-4728
MAIL:shop-vu@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00 (17:00以降はご予約制)
【CLOSE】火・水曜 店舗情報

facebook:vanillautsunomiya
instagram:vanillautsunomiya

新型コロナ(COVID-19)についての取り組みについては【こちら】から