カリモク60の大定番”Kチェア” コンパクトでありながら存在感抜群のインテリアの鉄板アイテム!

ソファ選びのあれこれ。
今回はカリモク60といったら!な代表アイテム、Kチェアについて。

私が初めて買ったソファはまさしく、Kチェアでした。
その時なぜKチェアを選んだのかと言うと、”定番という安心感”と、”サイズ感”でした。
カリモク60のブランドコンセプトである「ロングライフデザイン」の象徴とも言えるKチェア。

初めて買ったのは2シーターモケットグリーンでした。

デザインされたのは1963年。
カリモクが国内向けに生産した一番最初の自社製品でもあります。
日本の住宅や日本人の体格に合わせて設計されたKチェアは、
コンパクトですっきりと空間に調和します。

開発当初は当時の日本人の体格に合わせ、現在の2シーターは3シーターとして販売されていました。
そのため2シーターと言えど、大人二人で座ってもゆったりと掛けられるサイズ感で、
このサイズ感がとても絶妙!
よく店頭で
「あまり大きいものは置けないけど、2人でもゆったりかけられるサイズがほしい」
という話をお聞きします。
一般的に3シータークラスになると横幅は170cmや180cm以上のものが多く、
ソファ単体での面積が多く必要となります。

コンパクトで抜けている部分も多く圧迫感のないデザイン

更にKチェアは脚部・アーム部分と全体的に”抜け”の面積が多いため、
視線を遮らずに解放感があるデザインのため、部屋に置いた際の圧迫感を軽減してくれます。

“コンパクトなサイズ感”と”2人で掛けてもゆとりがある”という
二つの要素を兼ね備えたKチェアは、置くスペースを選ばない、コンパクトデザイン!

“大きいソファは置けないけど、やっぱり部屋にソファはほしい!”
という方にぴったりなサイズだと思います。

コンパクトで軽いため、持ち運びも簡単。
組み立て式のためお引越しの際にもバラすことができることも嬉しい。
シートやもたれ、アームなどの各パーツはパーツごとに購入もできるため、
“長年使ってシートが破れてしまった!”
“どうしても落ちない汚れがついてしまった!”
“張地の色を変えたい!”
などという場合でも、新しいパーツを購入することができます。
これもロングライフデザインという普遍的なアイテムであることを表しています。

左から1Pタープブルー¥44,820、サイドテーブル¥23,760、1Pスタンダードアイボリー¥44,820

Kチェアは今やインテリア系雑誌では定番中の定番クラスのアイテムです。
私がバニラに初めて来たときも、Kチェアを見にいくことが目的でした。
実際には生まれていない60年代という時代に生まれたデザインに、
どこか懐かしさを感じるのは不思議なことです。
おそらく、昔実家にあった家具や、通学中の電車やバスのシートなど、
潜在的に昔から見て触れているものがあるから、生まれていない時代のものにも懐かしさを感じるのかもしれません。

モケットグリーンの張地はどこか懐かしい…

懐かしいものが現在にもマッチして、いつの時代でも変わらない価値のあるもの。
ものが溢れる現代だからこそ、カリモク60の考え方ってすごいと思います。

当店ではKチェアの他にもカリモク60商品を多数展示しております。
是非、店頭でお試しください。

※記事に記載中の価格は全て税込価格です。(2017年12月現在の価格となります)

The following two tabs change content below.
オカモト

オカモト

好きなもの:お酒・そば・読書・龍が如く・ももクロ

*インテリアコーディネーター資格保有者在籍店舗です
*一般住宅のほか、カフェ・店舗などの商業施設のコーディネート承ります
*オフィス空間のご提案、ワークチェアの法人お見積りご依頼ください
過去の納品事例はこちらから

VANILLA utsunomiya

〒320-0041栃木県宇都宮市松原2丁目7-18 地図
TEL:028-680-4727
FAX:028-680-4728
MAIL:shop-vu@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00 (17:00以降はご予約制)
【CLOSE】火・水曜 店舗情報

facebook:VANILLAutsunomiya
instagram:vanillautsunomiya

【新型コロナウィルス感染症に対するvanillaの取り組み】

●従業員は全員、マスク着用での対応をさせていただきます。
●従業員は出勤前に体温を計測し、37.5度以上の体温の場合は出社いたしません。
●定期的に手洗いうがい、手指の消毒を行います。
●入口ドアを開ける等、定期的に店内の換気を行います。
●接客時は適正な距離感(ソーシャルディスタンス)を保ったコミュニケーションを行います。
●お客様が手を触れる可能性のあるところは重点的に清掃を実施します。
●当面の間上記の通り、平日の営業時間を18時までに短縮いたします。
また、多くの人が集まるイベントは開催いたしません。
今後の状況次第では営業日や営業時間を変更する可能性があります。
●上記の通り、店舗へお越しいただくのが難しい方へはご予約制の「オンライン接客」を開催します。
(前日までのご予約・インスタグラムのアカウントが必要です)