カリモク60の人気生地、スタンダードブラックとモケットグリーンを比較

こんにちは、テヅカです。今回はカリモク60の不動の人気を誇る生地、スタンダードブラックとモケットグリーンを比較していきたいと思います。

Kチェアは「スタンダードブラック」が人気

Kチェアの一番人気の張地は「スタンダードブラック」です。店頭でお客様のお話を聞いていると、スタンダードブラックとモケットグリーンの両方の張地を見に来られたというお客様が多いですが、ブラックはどんなお部屋にもあわせやすいカラーであることや、合成皮革なのでお手入れが楽なこと、最初にKチェアを使うなら定番色のスタンダードブラックがいい、などのお声もありKチェアの張地はスタンダードブラックの方が人気です。

Kチェア・スタンダードブラック

もっと言うと、男性はスタンダードブラック、女性はモケットグリーンを好むことが多いです。シンプルやスタイリッシュなお部屋を好む男性と、北欧やナチュラル系のお部屋が好きな女性とで分かれているような印象ですね。

また、Kチェアは飲食店やカフェにお納めするケースも多いです。飲食店の場合は圧倒的にスタンダードブラックが多いです。それは、メンテナンスのしやすさから選ばれているためです。たくさんの方が利用する場所では、汚れてしまってもすぐに気が付かず、後から汚れを発見することも多いです。そのため、汚れの染み込みにくいスタンダードブラックが選ばれているんですね。

同じブラックでも、本革のブラックKチェアもあります。

本革のKチェアがあるのを知ってますか?(Kチェアコールブラックのご紹介)

ロビーチェアは「モケットグリーン」が人気

ロビーチェアの一番人気の張地は「モケットグリーン」です。店頭でロビーチェアの接客をしていると、モスグリーンの優しい色合いやモケットの素材感が好みなんですとのお声をよく聞きます。ロビーチェアでは、スタンダードブラックもモケットグリーンに次いで人気のある張地ですが、ロビーチェアのデザインは重厚感があるため、柔らかい印象になるモケットグリーンがより好まれているのだと思います。

ロビーチェア・モケットグリーン

実際に、ロビーチェアは応接間や待合室などで使われている重厚感のあるデザインのため、スタンダードブラックの3シーターだと重たい印象になるという意見もあります。ブラックで大きいものはあまりお部屋にもないので、どうしても目立ってしまうかもしれませんね。ただ、モノトーン系のお部屋でまとめている場合や、リビングのスペースが広かったり吹き抜けなどの解放感があるお部屋の場合はブラック3シーターを選んでも合わせやすいと思います。

スタンダードブラックのメリットとデメリット

大きなメリットは、何と言ってもお手入れがとても楽なこと。素材が合成皮革(ビニールレザー)なのでお手入れがしやすいです。普段のお手入れは乾拭きでOKなので、面倒なお手入れ要らずなのが嬉しいポイントですよね。また、スタンダードブラックには独特なツヤ感があるのも魅力的。上品に見えるデザインの生地ですね。

独特のツヤ感があり、お手入れも楽なのは利点です

対してスタンダードブラックのデメリットは、張地が室温に影響されやすいこと。季節によって感じる暑さ、寒さがダイレクトに体に伝わります。例えば夏は座ると膝の裏に汗をかいて蒸れを感じるかもしれません。冬は寒いので座ると、合皮のヒヤっとを感じるなんてことも。時期によっては、マルチカバーのようなものがあると、より快適に過ごせると思います。

Kチェアにはこんなオプションがありますよ

カリモク60Kチェアをもっと快適に!オプションアイテムをご紹介します

モケットグリーンのメリットとデメリット

モケット生地は耐久性が非常に高いのがメリット。電車、バスなどの公共の期間でも使われていることからわかるように、丈夫さはピカイチです。見た目からは以外かもしれませんが、暑い時期に座っても蒸れにくく、冬に座ったら温かい。1年を通して使いやすい張地です。別名がベルベット、ビロードとも呼ばれている、光沢感がある美しい生地です。

背もたれと座面の張地は同じですが、違った色に見えますよね

デメリットはモケットの毛が寝ることにより、見た目に変化が生じること。パイル地であるモケットは使っていくうちに毛が倒れ、独特の光沢を放ちます。これは経年変化の一種と言えますが、倒れた部分は色が薄く見えてしまうのでモスグリーンの濃い色がお好きな方はイメージと違ってしまうかもしれません。ただ、個人的にはすごく好きな変化です。場所によって濃淡が生まれ、ヴィンテージのような感覚になるのはとっても素敵だと思います。

モケットグリーンの色が映える、素敵な納品事例をご紹介します。

納品事例:K様邸(宇都宮市)

スタンダードブラックとモケットグリーンを合わせたコーディネートは合うのか

結論から言うと、合います。

ブラックとグリーン。カラーが大きく違うもの同士って合わせにくいんじゃないのかな?と最初はテヅカも思っていました。でも実際は合わせやすいんです。というのも、ブラックは無彩色。つまりモノトーンなので、他の色とも合わせやすいカラーなんです。黒だけの部屋、白だけの部屋、黒&白の部屋…モノトーンにもいろいろありますが、どれも合ってます。というよりも、無彩色コーデは失敗しないんです。洋服のコーディネートでもそうですが、白&黒は基本的には他の物を邪魔しません。

組み合わせは問題なし!

ただし、お部屋が完全なるモノトーンの場合は別です。床が白、壁が黒、ソファが白、テーブルが黒…というような色を完全に排除した部屋であれば、ソファだけが緑というのは違和感がありますので、お部屋の雰囲気をどうまとめたいかでコーディネートを楽しんでいただければと思います。

いかがでしたでしょうか。今回はカリモク60の人気の張地について焦点をあててみました。当店にはインテリアコーディネーターが在籍しております。カラーコーディネートやメンテナンス方法で疑問・ご相談等がございましたらお気軽にスタッフまでお声かけくださいませ。


*インテリアコーディネーター資格保有者在籍店舗です
*一般住宅のほか、カフェ・店舗などの商業施設のコーディネート承ります
*オフィス空間のご提案、ワークチェアの法人お見積りご依頼ください
過去の納品事例はこちらから

VANILLA utsunomiya

〒320-0041栃木県宇都宮市松原2丁目7-18 地図
TEL:028-680-4727
FAX:028-680-4728
MAIL:shop-vu@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00 (17:00以降はご予約制)
【CLOSE】火・水曜 店舗情報

facebook:VANILLAutsunomiya
instagram:vanillautsunomiya

【新型コロナウィルス感染症に対するvanillaの取り組み】
●従業員は全員、マスク着用での対応をさせていただきます。
●従業員は出勤前に体温を計測し、37.5度以上の体温の場合は出社いたしません。
●定期的に手洗いうがい、手指の消毒を行います。
●入口ドアを開ける等、定期的に店内の換気を行います。
●接客時は適正な距離感(ソーシャルディスタンス)を保ったコミュニケーションを行います。
●お客様が手を触れる可能性のあるところは重点的に清掃を実施します。
●当面の間上記の通り、平日の営業時間を18時までに短縮いたします。また、多くの人が集まるイベントは開催いたしません。
今後の状況次第では営業日や営業時間を変更する可能性があります。
●店舗へお越しいただくのが難しい方へはご予約制の「オンライン接客」を開催します。
(前日までのご予約・インスタグラムのアカウントが必要です)