カリモク60 Kチェアの組み立て方

こんにちは。テヅカです。今回はカリモク60のアイコン的な存在、Kチェアの組み立て方法をご紹介します。Kチェアって組み立てるのが難しいのかな?と思っていたのですが、不器用な私でも組み立てることができました!

女性の方でも簡単にできますよ。組み立て方法を詳しくご紹介します。


パーツの確認

全てのパーツを並べます。


①アーム (右・左)

②前桟

③背もたれ

④シート

⑤ネジ・ボルトなどの金物

パーツを全部並べてみました

パーツの数が全部揃っていることが確認できたら組み立てを始めます。Kチェアのアームが傷ついてしまうことがあるので、柔らかい布の上で組み立てを行ってください。(毛布とかでもOKですよ)

さぁ頑張りましょう!

背もたれとシートを組み合わせます

まずは、背もたれ側についているボルトを座面側についている穴へ差し込み、

付属の六角ナットで仮どめをします。(手で軽く回す程度でOKです)

六角ナットをくるくるして仮どめします。仮どめなので、少し回すだけでOK!

背もたれと座面の仮どめが済んだら、横に倒してアームの取り付けをしていきます。

座面に空いているダボ穴に、アームのダボを差し込み、丸ネジを入れ仮どめしていきます。

アームもまずは仮どめしていきます

 

コツとしては、アームをぐっと引っ張って丸ネジを仮どめしていきます。

反対側も同様に仮どめをします

両方仮どめができたら、前桟(まえざん)を座面下、両アームの間に挟みます。

前桟の穴に丸ナットを入れてネジの受けを作り、こちらもネジで仮どめしていきます。丸ナットの向きに注意してくださいね。テヅカは最初間違えました。(笑)

丸ナットは縦向き(ナットの線が桟と水平になるように)で入れてください!

丸ナットで仮どめができたらKチェアを起こし、全部のネジを本締めしていきます。

 

本締めしていきます。

最後は六角ナットを本締めします。

付属のスパナで回していきます。ここでの注意点は、回しすぎないことです。

最後の仕上げです。もう少しで完成です!

最後にガタツキがないかチェックしましょう。

なければ完成です!!

お疲れ様でした。

以外と簡単なので、女性の方も組み立てに挑戦していただけると思います。

 

私も最初Kチェアの組み立てができたときは嬉しかったです。

当店は、栃木県内唯一のカリモク60の取扱店となります。もし組み立てで分からないことやカリモク60商品の不明な点があれば、お気軽に店舗までご連絡くださいね。

Kチェアをはじめ、カリモク60商品には張地・木材を自由に選べるパターンオーダーに対応した商品があります。詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

パターンオーダーについて詳しくはこちら

完成しました!
The following two tabs change content below.

*インテリアコーディネーター資格保有者在籍店舗です
*一般住宅のほか、カフェ・店舗などの商業施設のコーディネート承ります
*オフィス空間のご提案、ワークチェアの法人お見積りご依頼ください
過去の納品事例はこちらから

VANILLA utsunomiya

〒320-0041栃木県宇都宮市松原2丁目7-18 地図
TEL:028-680-4727
FAX:028-680-4728
MAIL:shop-vu@nonversus.jp
【OPEN】13:00 ~ 18:00 (17:00以降はご予約制)
【CLOSE】火・水曜 店舗情報

facebook:VANILLAutsunomiya
instagram:vanillautsunomiya

【新型コロナウィルス感染症に対するvanillaの取り組み】

●従業員は全員、マスク着用での対応をさせていただきます。
●従業員は出勤前に体温を計測し、37.5度以上の体温の場合は出社いたしません。
●定期的に手洗いうがい、手指の消毒を行います。
●入口ドアを開ける等、定期的に店内の換気を行います。
●接客時は適正な距離感(ソーシャルディスタンス)を保ったコミュニケーションを行います。
●お客様が手を触れる可能性のあるところは重点的に清掃を実施します。
●当面の間上記の通り、平日の営業時間を18時までに短縮いたします。
また、多くの人が集まるイベントは開催いたしません。
今後の状況次第では営業日や営業時間を変更する可能性があります。
●上記の通り、店舗へお越しいただくのが難しい方へはご予約制の「オンライン接客」を開催します。
(前日までのご予約・インスタグラムのアカウントが必要です)